デザイン部 デザイナー Sin

一日の流れ

<リクルートトップ

社員全員での朝礼で週のはじめをスタートします。
各部署のマネージャーが仕事の流れや出来事をそれぞれ発表します。

元気よく営業唱和を行います!!

9:00

おすすめメニューの改訂作業
毎月コンスタントに発生する改版の仕事。
各クライアントの営業担当と打合せを行い、
すぐ作業にとりかかります。
スピーディーな対応を求められる仕事は午前中に終わらせます。

料理の写真を眺めながらの業務は、お腹が鳴ります。

10:00

昼食
コンビニで軽く昼食を済ませ、
リフレッシュをかねて近所の公園まで散歩。
会社のすぐ近くには神田川が流れて春には桜が綺麗です。

12:00

メニューのデザイン
お店のトーン&マナーを守りながら全体的なレイアウトを
作っていきます。 美味しさを伝えるのはもちろん、
選びやすさなども考えながらデザインします。
基本的には打合せからフィニッシュワークまで一人で担当しますが、 忙しい時にはアルバイトの方に画像補正を手伝ってもらいます。

ここでも料理写真の誘惑に負けて、
仕事中に差し入れのおやつを食すこともしばしば。。。

16:00

デザイン部ミーティング
朝礼の後、それぞれ担当している仕事のスケジュールを発表し
部内全体で共有します。

仕事以外にも話題の飲食店の話で盛り上がる時も。。。

9:30

和食店のメニューカバーデザイン
紙や生地の素材はもちろん、過去のデータや他店のメニューブックが
豊富にある部屋でお店に合ったメニューカバーのデザインを
考えます。市販品には無い特殊な加工を考えたり、
メニューのプロトタイプを 手作りして提案する場合もあります。

手作りでしか出せない個性的なデザインも
手がけることができます。

13:00

退社

19:00

インタビュー

業務
・飲食店に関わるツールのデザイン
主にメニューブック、DM、ポスター、タペストリー、店頭ファサード、ショップカード、箸袋 等

・撮影同行
撮影店数が多い時はカメラマンがスムーズに撮影できるよう、ディレクション及びスケジュール管理を行います。

・画像補正、データ修正業務
外部データを扱う場合も少なくないので、データチェックや校正作業も行います。
志望動機は?
高層ビルとお洒落なオフィスを夢見て地元愛媛を離れて上京。
旧社屋(現プリント工房)時の入社となりますが、
当時の夢に沿う環境ではありませんでした。

印刷現場の大きな音と年季の入った社屋でしたが、
飲食マーケットに特化している事と同時に
印刷会社の域を越えたクリエイティブに魅了されました。
細部にわたって自分のオリジナリティを追及できると思いました。

また、平面だけではなく、プロダクトに近いモノづくりも出来るところにも
強く興味を持ち、入社を決めました。

自由な発想でデザインに打ち込める環境とフラットな目線で意見を聞いてもらえる事も魅力です。
未来の後輩へ一言
クライアントや営業の声をカタチにする
デザイナーは弊社にとってかかすことのできない歯車となっています。

スピードを要求される案件や、より高いクオリティーを求められる事もしばしば。
その中でお客様から選ばれるデザイナーになれるかが面白さでもあり難しさでもあります。
一発勝負で三振ばかりのホームランバッターより、ヒットを量産してくれる選手。そんな後輩を待っています。

メニューブックは見た目はもちろん、選びやすさ、読みやすさ、手触りなど、
お客様と直接ふれあう重要なデザインツールと私たちは考えています。
ただ画面にむかってデザインするだけではなく、
その先にあるコミュニケーションをも考えられるデザイナーを目指してほしいと思っています。

アランデュカスの言葉でもある、「料理の味に関係のない食材は皿にのせるな。」
私たちは、見た目だけではない機能美を考えたメニューづくりを心がけています。

<リクルートトップ